HOME>サポート体制のご紹介

JAMのサポート体制

step1、お店と本部の業務効率化

OneStopサービス
店舗からの緊急コールは待ったなし、「緊急かつ重要」で、おのずと優先順位は「最優先」となります。つまり、担当者の「やらなくてはいけない仕事」「コア業務」は遅延してしまいます。この店舗の最優先と、本部のコア業務を両立させるのがOneStopサービスです。

step1, OneStop

step2、データの有効活用

OneStopで集積したデータ有効活用します。例えば“排水のつまり”のトラブル。ひどい場合、営業を止めることにもなりかねません。そこで、データを有効活用し、事前の対応で未然にトラブルを防ぎます。

step2, データの有効活用

step3、継続的な改善

業務の効率化で生産性を上げデータの管理でコストダウンを実現。この時、お店のクレンリネスは高い状態です。一過性で終わらせないためにPDCAサイクルで継続的クレンリネスを高い状態で維持します。

step3, OnetoOne

メンテナンス講習会

PAGE TOP